セフレと恋人は同じ。

恋人を作っているひまがあったらセフレを作ったほうがいくらかかしこいのでは?恋愛なんて面倒で、お互いの気持ちが少しでもすれ違えばこいつの言っていることは意味がわからないと言っているのはやはり、恋愛には不向きな人なのではないでしょうか?そういった点で比べても、セフレでとどめておくことは極めて頼もしく、そしていざというと気には恋人のふりさえすることができるのです。

セフレって言っていますが、結局のところ、恋人とは違ってお互いに「ハイ今日からセフレになりましょうー」なんてことを、ハッキリということはないのです。なぜなら、あいまいな関係であり、多少の恋愛感情がどちらか一方にはあるはずです。それでも、恋人という言葉を使ってお互いの関係性をはっきりさせてしまうことになんだかとても恐怖を感じてしまうというときにも、セフレという言葉ほど単純でわかりやすい関係はないでしょう。

恋人として男女がともにいることのメリットと、セフレということを何となく認識しながら男女が共にしているときのメリットは至って変わらないのです。だって、異性とでしか補うことができない感情を埋めることが目的で、異性と一緒の時間を過ごしているのであれば、どちらもそんなに変わりませんよね。だいたい、恋人という言葉には重くのしかかるものがあまりにも大きすぎるのです。束縛やちょっとしたことがきっかけでけんかして、そのケンカさえもいやになりどんどん自己嫌悪に陥るのは恋人として相手に何か期待しているということと、相手からのプレッシャーによってうまれるのが面倒な感情です。

ここではととくにセフレという関係をオススメしていますができればこれからも、恋人なんか作るよりも、言葉には言い表すことができないとても余裕のある関係を築くことができるのはセフレだけなんだということをもっともっとたくさんの方たちに知っていただきたいのです。みんなどこでセフレなんて作っているの?という人はぜひ出会い系サイトだったり、たとえば合コンでもちょっとしたことがきっかけで簡単にセフレを作ることができるのです。

男性の場合に気をつけなければいけないことは、相手に立場的なものを把握させようとして「セフレ」という関係性であることを明確にしようとしてはいけません。女性にとってセフレという言葉はまだまだ至って簡単に受け入れられるような言葉ではないでしょう。しかしこれからどんどんそのことばは女性にも、浸透していくこと間違いありません。まぁ、言葉の並び具合が良くないということでセフレという言葉から一歩引いて考えている人が多いようですが、ただただ自由に動くことができるなんちゃて恋人みたいなものだと思ってもよいでしょう。

女性だけの世界…それがビアン白書
レズビアンがあつまるレズの楽園を体験してみたらいかがですか?普通とは考えられない恋愛観が繰り広げられる。